コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

慣性閉込め方式 かんせいとじこめほうしき

世界大百科事典内の慣性閉込め方式の言及

【核融合】より


[制御核融合の方式]
 制御できる状態で上記のような反応を起こさせる(制御核融合)には,高温のプラズマを閉じ込める必要がある。プラズマ閉込め方式としては,プラズマの慣性効果を利用する〈慣性閉込め方式〉と,磁界のプラズマ閉込め効果を利用する〈磁気閉込め方式〉に大別される。 慣性閉込め方式においては,燃料となる物質(D,T)を直径数百μm~数mmの微小な容器(マイクロバルーン)内に高圧封入したものをターゲットとし,極短時間(数ns)に,巨大出力(数十テラワット(1013W)以上)のレーザー光線,あるいは粒子ビームを周囲より照射する。…

※「慣性閉込め方式」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone