コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

懐仁可汗 かいじんかがん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

懐仁可汗
かいじんかがん

クトルク・ボイラ(骨力裴羅)」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の懐仁可汗の言及

【ウイグル族】より

…現在は中国の新疆ウイグル自治区と旧ソ連邦中央アジアを主たる居住地とし,人口は中国に約720万(1990),旧ソ連邦内に約21万(1979)。クトゥルク・ビルゲ・キョル・カガン(懐仁可汗)が744年にユチュケン山麓に拠って(在位747年まで)から840年までモンゴル高原に他のトルコ系部族との連合体による遊牧国家を出現させた。前代の突厥(とつくつ)までと異なる点は,遊牧領内にいくつかの都城を建設して支配階層を中心に定住都市生活に慣れはじめたことである。…

※「懐仁可汗」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

懐仁可汗の関連キーワードウイグル族ウイグル

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android