戸田荘(読み)とだのしょう

世界大百科事典内の戸田荘の言及

【富田荘】より

…尾張国海東郡(現,愛知県名古屋市中川区富田町,海部郡蟹江町,七宝町,大治(おおはる)町,甚目寺(じもくじ)町あたり)の荘園。〈とだ〉ともいい〈戸田〉とも書く。11世紀後半に成立したと思われ,のち近衛家領。北馬島を除き領家は鎌倉末には近衛北政所,建武政権下では阿野廉子であった。1103年(康和5)平季政が下司職に補任された。1211年(建暦1)北条義時による地頭請が成立。83年(弘安6)北条時宗により地頭職は鎌倉円覚寺に寄進され,1327年(嘉暦2)円覚寺の地頭請が成立,毎年110貫文の領家年貢を京進することとなり,絵図が作成された。…

※「戸田荘」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android