戸閉め装置(読み)とじめそうち

世界大百科事典内の戸閉め装置の言及

【ドアエンジン】より

…建物のオートドアにも使用されているが,代表的なものは鉄道車両の乗降用の戸を開閉するもので,単にドアエンジンといえばこれを指す場合が多い。鉄道用ではドアエンジン操作のための電磁弁,スイッチ類などを総称して戸閉め装置といい,編成列車では,1ヵ所の車掌スイッチで全車両の出入口の開閉を行うことができる。日本では1926年京浜線電車で使用されたのが最初で,その後種々の改良が加えられ,59年以降は各種の用途別の車両が新製されたのに伴い,側引戸や車体の構造に合わせた戸閉め機械が開発された。…

※「戸閉め装置」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android