所預(読み)ところあずかり

世界大百科事典内の所預の言及

【秋田藩】より

…移封後の領内統治のため旧城に重臣を配置した。要所の十二所,大館城,檜山,角館,横手城,湯沢,院内などは所預(ところあずかり)として幕末まで存続した。農村統治面では,先竿(1603ころ),中竿(1613ころ),後竿(1646‐48)の領内一斉検地を施行。…

※「所預」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

所預の関連情報