コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

手斧が首を切りにきた

1件 の用語解説(手斧が首を切りにきたの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

手斧が首を切りにきた

米国の作家フレドリック・ブラウンのミステリー(1950)。原題《Here Comes a Candle》。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

手斧が首を切りにきたの関連キーワード通り魔彼の名は死霧の壁消された男現金を捜せ!三人のこびと遠い悲鳴まっ白な嘘モーテルの女やさしい死神