払方御納戸御用(読み)はらいかたおなんどごよう

世界大百科事典内の払方御納戸御用の言及

【呉服師】より

…そのほか禁裏御所や大名屋敷に出入りした呉服商も呉服師とよばれた。公儀呉服師には元方御納戸御用と払方御納戸御用があり,前者は将軍家の服飾と手回り品いっさいの調達を,後者は賜与,ほうびの時服などいっさいの調達を行った。将軍の側近にあって身辺の御用を務めていた関係から,私的にきわめて親近な関係にあり,利権にありつくことも多かった。…

※「払方御納戸御用」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android