投射詩論(読み)とうしゃしろん

世界大百科事典内の投射詩論の言及

【アメリカ文学】より

…その主張は,描写を排除し,イメージ対イメージによる緊張関係から生じるエネルギーを重視せよ,ということであった。これはT.S.エリオット,W.スティーブンズなどにも影響したが,W.C.ウィリアムズの〈客体主義〉や,詩とはエネルギーの放出であるとするC.オルソンの〈投射詩論〉に発展し,第2次大戦後の詩に大きく影響した。それは詩のみならず,ヘミングウェー,フォークナー,ドス・パソスなどの小説にも反響している。…

※「投射詩論」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android