抱席(読み)かかえせき

世界大百科事典内の抱席の言及

【足軽】より

…江戸幕府では先手(さきて)弓組・鉄砲組,鉄砲百人組,持弓組・持筒組をはじめ諸役所属の同心がその系譜を引くという。いずれも30俵二人扶持程度を支給され,一代限り(現実には世襲)を原則とする抱席(かかえせき)であった。ちなみに幕府には足軽の称はなかった。…

【御家人】より

…御家人の人数は中期の宝永期(1704‐11)で約1万7360人,そのうち知行取153人・3万2248石(文官を除く),切米取1万5022人・43万8652俵,現米取1858人・8万7646石,ほかに扶持取11人,給金取316人がいる。御家人には譜代,二半場(にはんば),抱入(かかえいれ)(抱席)の3階級がある。譜代は家康より家綱までの4代の間に留守居与力同心等に就職した者の子孫,二半場は4代の間に西丸留守居同心等に就職した者の子孫,抱入は4代の間に大番与力同心等に召抱えられた者および5代以後に召抱えられた御目見以下の幕臣をいう。…

※「抱席」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる