コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

排除原則 はいじょげんそく

大辞林 第三版の解説

はいじょげんそく【排除原則】

対価を支払わない者は、財・サービスを利用(消費)することから排除されるという原則。公共財ではこの原則が成立しない。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の排除原則の言及

【フリー・ライダー】より

…したがって消費者は,財の便益がコストより大きい限り必ず対価を支払う結果となる。しかし〈公共財〉,たとえばラジオ放送,国防,市街路等の場合,対価の非支払者をその財の便益享受から排除すること(排除原則の適用)は非常に高価につくか,不可能に近い。そこで対価と交換でなく財を供給して,別途,消費者に,受ける便益に相当する自発的な支払を期待したとする。…

※「排除原則」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

排除原則の関連キーワードメディア集中排除原則クロスメディア所有フリー・ライダー放送持株会社公共投資民間放送公共財原則対価

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

排除原則の関連情報