コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

接地逆転 せっちぎゃくてん

大辞林 第三版の解説

せっちぎゃくてん【接地逆転】

地表面に接している付近で、気温が上空ほど高くなっていること。主に放射冷却によって生ずる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の接地逆転の言及

【接地層】より

… 実際には地表から数十mの高さで,この層中では大気安定度が中立の場合,風速の鉛直分布は対数法則で表され,渦拡散係数が高さに比例することが知られている。 地表面に接する層内で,気温が上層にいくほど高くなっている状態を接地逆転surface inversionといい,夜間放射によって,地表面近くの気層が,上層より冷却が大きいために発生する。逆転層内では,静的安定度がよく,人工発生源による汚染空気が逆転層によって抑えられるため,上空に拡散できないので,大気汚染,特にスモッグの被害が起こりやすい。…

※「接地逆転」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

接地逆転の関連キーワードシベリア気団気象音響学気温の逆転気温逆転層大気汚染放射冷却北極気団逆転層微気象放射霧気温上空

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android