コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

握り太 ニギリブト

デジタル大辞泉の解説

にぎり‐ぶと【握り太】

[名・形動]
握って太く感じること。また、そのさまや、そのもの。「握り太な(の)杖」
弓柄(ゆづか)を皮などで巻き太くしたもの。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

にぎりぶと【握り太】

握ると太く感ずること。また、握りの太いもの。 「 -の棒」 「 -なる樫の棒に鉄の鋲を打たるを/近世紀聞 延房
弓の柄を革で巻き太くしたもの。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

握り太の関連情報