撮壌集(読み)さつじょうしゅう

大辞林 第三版の解説

さつじょうしゅう【撮壌集】

室町時代の国語辞書。飯尾永祥著。三巻。1454年の序がある。約六〇〇〇語を天象・地儀・人倫など四十二部に分けて漢字で列挙し、時に読み仮名・注を加えたもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android