コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

擬攻 ぎこう

大辞林 第三版の解説

ぎこう【擬攻】

小鳥などが、群れをなしてワシタカ類やフクロウなどの猛禽もうきん類に攻撃をしかけ、威嚇して相手を追い払う行動。モビング。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の擬攻の言及

【モビング】より

…通常は他の動物の食物となっている小鳥が,外敵に対して攻撃をしかける行動。擬攻と呼ばれることもある。この行動は,大別して二つの状況下で見られる。…

※「擬攻」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

擬攻の関連キーワードワシタカ類フクロウモビング猛禽

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android