コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

支間 しかん

大辞林 第三版の解説

しかん【支間】

橋脚と橋台、また橋脚と橋脚の距離。スパン。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の支間の言及

【橋】より

…土木工学上の専門用語では橋梁(きようりよう)ともいう。交通路の下に空間を有し,橋と同じ目的をもつが,ひとまたぎする長さ(支間あるいはスパンという)がとくに小さく,土被り(どかぶり)(上部の土)などの荷重も支えるように設計された構造物はカルバートculvert(溝渠)と称する。どの程度以上の長さのものを橋というかは必ずしも明確でないが,日本の道路技術基準では2m以上の支間としている。…

※「支間」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

支間の関連キーワードSydney Harbor Bridgeファーティフスルターンメフメット橋ファース・オブ・フォース橋ジョージ・ワシントン橋コールブルックデール橋ゴールデン・ゲート橋ベラザノ・ナローズ橋ゴールデン・ゲート橋ベラザノ・ナローズ橋ハーバー・ブリッジタコマ・ナローズ橋ブルックリン橋ベイ・ブリッジテイ・ブリッジ明石海峡大橋ボスポラス橋ブリタニア橋バイチャイ橋琵琶湖大橋リアルト橋

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android