コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

放ち出 ハナチデ

大辞林 第三版の解説

はなちいで【放ち出】

寝殿造りで、寝殿・対の屋などから張り出して造った建物。また、庇ひさしの間を几帳や障子・衝立ついたてなどで仕切って設けた部屋。はなちで。 「寝殿の-の、又一間なる所の、落窪なる所の二間なるになむ住ませ給ひける/落窪 1

はなちで【放ち出】

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

放ち出の関連キーワード対の屋小座敷小書院放出八万一間対代

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android