コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

放ち書き はなちがき

大辞林 第三版の解説

はなちがき【放ち書き】

語と語、または文節と文節との間をあけて書く書き方。わかちがき。
一字一字離して書く書き方。また、幼稚な書き方をいう。 「その次に男手-に書きて/宇津保 国譲上」 → 単体

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の放ち書きの言及

【独草体】より

…草書の各字が連続して書かれた連綿体に対する用語。各字独立した書法は《宇津保物語》の〈国譲の巻〉上に〈放ち書き〉と呼んでいるが,仮名書きでは〈草(そう)の手〉の書体で各字連続させずに書いた書の意味に用いられる。草の手は《宇津保物語》や《源氏物語》の〈絵合の巻〉に見え,漢字の草書体をさらに簡略化した書風で,女手(おんなで)へ移行する過渡的書体をいう。…

※「放ち書き」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

放ち書きの関連キーワード独草体分ち書文節単体

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android