文昌帝君(読み)ぶんしょうていくん

世界大百科事典内の文昌帝君の言及

【魁星】より

…中国では文章をつかさどる神とされ,俗に奎星(けいせい)と称される。学問の神である文昌帝君と兼祀されることも多く,とくに科挙の受験生に信奉された。神像は,〈魁〉の字が鬼と斗とからなっていることから,鬼が左足で北斗を後に蹴りあげている姿をとっている。…

【文昌神】より

…旧中国において,知識人のあいだで信仰された学問や科挙の神。文昌帝君とも呼ばれた。文昌は北斗七星の第4星の名で,文曲ともいう。…

※「文昌帝君」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ソーシャル・ディスタンシング

感染症の予防戦略の一つで、有効な治療薬や予防薬などがない重大な感染症が国や地域に侵入した場合に、人の移動や社会・経済活動に制限を加えて、人同士の接触を減らす取り組みのこと。例えば、学校・保育施設の一時...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android