文芸哲学協会(読み)ぶんげいてつがくきょうかい

世界大百科事典内の文芸哲学協会の言及

【学会】より

…そのため進取の精神に富んだ人々は新しい学会の設立へと動いた。その結果,イギリス各地では〈文芸哲学協会Literary and Philosophical Society〉が,またフランスの地方都市には〈学者協会Sociétés Savants〉が設立された。なかでも産業革命の中心地マンチェスターの文芸哲学協会は,化学的原子論の提唱者J.ドルトン(1766‐1844)をはじめとして,有力な科学者たちの活躍の場となった。…

※「文芸哲学協会」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android