コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新伽羅 しんきゃら

大辞林 第三版の解説

しんきゃら【新伽羅】

香木の木所きどころの一。桃山時代から江戸時代初期に、当時渡来した伽羅をそれ以前のものと区別して呼んだ。現在は華やかな香りの伽羅をさすこともある。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の新伽羅の言及

【香木】より


[六国五味]
 香木の名称については,伽羅木(きやらぼく),伽藍木(からんぼく),伽南木(かなんぼく),棋楠(きなん),奇楠(きなん)などと諸書に書かれているが,いずれも伽羅のことで,香木の佳品を総称する場合もある。16世紀天正ころの《建部隆勝筆記》,蜂谷宗悟《香道軌範》,さらに《山上宗二記》等には伽羅,羅国(らこく),真南班(真那蛮)(まなばん),真南賀(真那賀)(まなか)および新伽羅の名称が見え,これに佐曾羅(さそら),寸門多羅(すもんだら)を加えて6種に分類し,これを〈香の六国(りつこく)〉と称した。ただし貿易上は17世紀に入っても沈と伽羅の2名目のみが使用された。…

※「新伽羅」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

新伽羅の関連キーワード桃山時代木所香木伽羅

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android