日本スケート会(読み)にほんすけーとかい

世界大百科事典内の日本スケート会の言及

【スケート】より

…また,1905年,中央線が諏訪湖畔へ通じるようになると,諏訪湖は日本におけるスケートの拠点となり,09年にはスピードスケートの諏訪湖一周大会が開かれた。これと並行してフィギュアスケートも研究され,20年には河久保子朗らによって日本最初のスケート団体,日本スケート会が誕生した。24年,3競技を包含した全国学生氷上競技連盟(現在の日本学生氷上競技連盟)が生まれ,翌25年に第1回学生選手権大会が松本市外六助の池で開かれた。…

※「日本スケート会」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android