日本陸水学会(読み)にほんりくすいがっかい

世界大百科事典内の日本陸水学会の言及

【湖沼学】より

…最近の研究の傾向は汚染,富栄養化,自然保護等の応用的なものが多い。日本では日本陸水学会が湖沼学研究の中心である。総合科学の性格が強いため,物理学,化学,生物学,地質学および自然地理学等の進歩が湖沼学の発達に大きく寄与している。…

【陸水学】より

…地球上の陸水(河川,湖沼,地下水等)を研究する学問。陸水学という語は1931年日本陸水学会創立に使用されたもの。これとほぼ同一の対象を研究する分野に水文学がある。…

※「日本陸水学会」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android