早只拍子(読み)はやただびょうし

世界大百科事典内の早只拍子の言及

【只拍子】より

…忠拍子,唯拍子とも書く。雅楽の唐楽曲の拍子のうち混合拍子,すなわち早(はや)只拍子,八多良(やたら)拍子,延(のべ)只拍子をいう。また3種の中の早只拍子を指すこともある。…

【八多良拍子】より

…2拍と3拍が交替反復する拍節,すなわち5拍子で,舞楽立(ぶがくだち)の《蘇莫者破(そまくしやのは)》(左方(さほう)),《陪臚破(ばいろのは)》《還城楽(げんじようらく)》《抜頭(ばとう)》(以上右方(うほう))が現行。《還城楽》と《抜頭》が,左方の舞楽に用いられる場合と管絃立(かんげんだち)で演奏される場合,および《蘇莫者破》と《陪臚破》が管絃立で演奏される場合は,いずれも早只拍子に転換される。早只と八多良の転換は,各拍節の第6拍を削除する,あるいは第5拍を1拍延長するという処理によって行われる。…

※「早只拍子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android