コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

早期退職優遇制度 そうきたいしょくゆうぐうせいど

1件 の用語解説(早期退職優遇制度の意味・用語解説を検索)

ナビゲート ビジネス基本用語集の解説

早期退職優遇制度

退職金などを優遇することで、定年前の退職を促す制度のこと。中高年を対象とした雇用調整の一環とされ、対象年齢は徐々に低下傾向にある。 背景には、高齢化の進行と経済成長の低迷により、年功序列的な賃金体系が維持できなくなったことが挙げられる。 企業にとっては人件費が削減できる反面、若手社員のモラール低下、優秀な人材の流出というリスク否めない。ただし見方を変えれば、これにより労働市場が活性化するともいえる。

出典|ナビゲート
ナビゲート ビジネス基本用語集について | 情報

世界大百科事典内の早期退職優遇制度の言及

【年功的労使関係】より

…(3)退職金制度をそのままにして定年延長を行うと,定期昇給による基本給の上昇と勤続年数が長くなることによって,退職金負担が過大になる。そこで,定年延長に伴って,(1)職能資格制度,専門職制度のように,年功的昇進によらず,専門的能力を評価することによりモラール・アップを図る人事制度を導入する,(2)賃金における年功カーブを寝かせる,一定年齢以上では定期昇給を行わない,一定年齢以上では逆に基本給を下げるなどの措置をとる,(3)旧定年以降は定期昇給を行わず,退職金計算の際勤続年数に加算しないなどの方法で退職金を凍結する,(4)一定年齢以上については自己都合退職の場合も退職金計算を定年退職と同じにし,定年前の退職を奨励する早期退職優遇制度を導入するなど,年功的労使関係の修正が行われてきた。しかし,高年齢者の賃金の頭打ちや低下も子どもが独立して生活費が少なくてすむこと,職務遂行能力が停滞ないし低下することによって合理化されているように,この制度の根本が崩れてきたとはいいにくい。…

※「早期退職優遇制度」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

早期退職優遇制度の関連情報