早瀬主税(読み)はやせちから

世界大百科事典内の早瀬主税の言及

【婦系図】より

…翌年春陽堂より刊行。主人公早瀬主税(ちから)は新進のドイツ語学者だが,少年時代は隼(はやぶさ)の力(りき)とあだ名された掏摸(すり)。縁あって大学教授酒井俊蔵にひろわれて書生となる。…

※「早瀬主税」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

マウンティング

多くの哺乳類の雄が交尾のときにとる、ほかのものに馬乗りになる行動。サルでは個体間の優位性を誇示するためにも行う。背乗り。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android