コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

易林本 えきりんぼん

世界大百科事典内の易林本の言及

【節用集】より

…しかし,現存の〈古本節用集〉は,〈い〉の部(天地門)が〈印度〉ではじまるか,〈伊勢〉ではじまるかで,語彙の配列を互いに異にする大きな2系統に分かれ,その関係は複雑である。刊記の明らかな板本では,天正18年(1590)本が最も古く,これは伊勢本であるが,慶長(1596‐1615)の初め易林が印行したいわゆる易林本は,〈い〉の部が〈乾(いぬい)〉ではじまるので,分類上は,乾本とよばれる。江戸時代におこなわれたのは,これをもととするもので,その数は180種以上にのぼるという。…

※「易林本」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

易林本の関連キーワード年紀・年記飄石・飃石虫食い歯嘔吐く蒸し飯筆海助番薬籠故人極枝飄石迎寒御札丸虫要劇楚割榾杙金色