コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

時果つるところ

1件 の用語解説(時果つるところの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

時果つるところ

米国の作家エドモンドハミルトンの長編SF(1950)。原題《The City at World's End》。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

時果つるところの関連キーワードスターキング宇宙艦隊の奇襲銀河大戦虚空の遺産最後の惑星船の謎彗星王の陰謀太陽強奪時のロスト・ワールド滅びの星魔法の月の血闘

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone