時鶏(読み)ときどり

世界大百科事典内の時鶏の言及

【ニワトリ(鶏)】より

…フランスでも賭を伴う闘鶏競技はかなり広く普及し,まさにガリアの地の伝統的象徴とさえなったが,現在は残酷という理由で禁ぜられ,フランス北部アルザス地方の限られた範囲内でのみ,ひそかに存続している。 他方,鶏は朝を告げる時鶏として,尊重された。日本で最初に文献に鶏が現れるのは《古事記》においてである。…

※「時鶏」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

時鶏の関連情報