晩期型渦巻銀河(読み)ばんきがたうずまきぎんが

世界大百科事典内の晩期型渦巻銀河の言及

【銀河】より

…中央の楕円体部分と円盤部分の勢力比は,円盤部分のかろうじて認められるもの(S0/a)から,ほとんど円盤部分だけのもの(Sm)まであり,渦巻の巻込みの度合も,S0/a型からSm型にかけて緩くなっていく。S0/a型に近いものを早期型渦巻銀河,Sm型に近いものを晩期型渦巻銀河と呼び習わしているが,進化の系列とはまったく関係がない。早期型から晩期型になるに従い,渦状腕は滑らかなものから,多くの塊を含む副構造に富んだものへと移り変わる。…

※「晩期型渦巻銀河」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android