景観条例(読み)けいかんじょうれい

大辞林 第三版の解説

けいかんじょうれい【景観条例】

景観を保全・形成し、その景観と調和した環境を確保・整備するために各地方自治体が定める条例。京都市風致地区条例(1970年制定)、ふるさと滋賀の風景を守り育てる条例(1984年制定)など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

上意下達

上位の者や上層部の命令・意向を、下に伝えること。⇔下意上達。[補説]この語の場合、「下」を「げ」とは読まない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

景観条例の関連情報