コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

暗器 あんき

世界大百科事典内の暗器の言及

【武器】より

… 清代でも,伝統的な槍や刀剣などが使用されたが,武器としての重点は飛道具におかれた。もちろん弓弩もあったが,技術的に進歩はみられず,かえって隠し武器として使われる暗器と呼ばれるものが発展した。これは暗やみなどで使用され,一見したところは普通の道具であったり生活用具であったから,不意を襲ったり暗殺したりするときに有効であったし,また一般人はもちろん,武術家なども創意工夫をこらして新しいものを開発した。…

※「暗器」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android