コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

書(き)捨て カキステ

デジタル大辞泉の解説

かき‐すて【書(き)捨て】

《「かきずて」とも》
書き捨てること。また、そのもの。
書き置き。
「―の玉章(たまづさ)千束(ちつか)に積もり」〈浄・女夫池〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android