有効貯水量(読み)ゆうこうちょすいりょう

大辞林 第三版の解説

ゆうこうちょすいりょう【有効貯水量】

貯水池の常時満水位から最低水位までの貯水容量。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の有効貯水量の言及

【ダム】より

… 総貯水量最高水位である洪水時の満水時にダムがせき止めることができる全貯水容量。 有効貯水量貯水池最低水位より上の利用可能な容量で,総貯水量から死水容量を差し引いたものに相当する。【柴田 功】。…

※「有効貯水量」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

有効貯水量の関連情報