コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

朝日文左衛門 あさひぶんざえもん

世界大百科事典内の朝日文左衛門の言及

【料理茶屋】より

…大坂では浮瀬(うかむせ)が最も広く知られた店で,京都にも江戸にもこれを称する店があった。《浪華百事談》に〈浮むせの宴席は最ふるきものにして,近年まで衰へながら,新清水寺の北にありしが……〉とあるように,四天王寺西の上町台地の眺望のよい場所にあった料亭で,アワビの貝殻の穴をふさいで7合5勺の酒の入る〈浮瀬〉の名の杯など多くの大杯,奇杯で名を売ったもので,《鸚鵡籠中記(おうむろうちゆうき)》の筆者,尾張藩士朝日文左衛門(1673‐1718)は1712年(正徳2)の大坂出張中の一夜,浮瀬で一杯,ついで〈幾瀬〉という〈うずら貝〉の杯(1.7合入り)を傾けている。茶屋【鈴木 晋一】。…

※「朝日文左衛門」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android