コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木村秀 きむら しゅう

朝日日本歴史人物事典の解説

木村秀

没年:明治20.10(1887)
生年:明治1.12(1868)
明治期の教育家。医師木村井光の次女。名は秀子とも。東亜医学校で医学を修め,明治17(1884)年,医術開業試験を荻野吟子らと受けるが失敗。その後帝大撰科入学を許可される。20年東京女子専門学校を設立,英語,漢学,算学を教授。学校設立願には漢学教授として尾崎紅葉の名もみえるが,秀没後の同校の消息は不明。周辺の人からの聞き書きに「木村秀子の履歴」(『女学雑誌』84号)があるが,全面的には信をおきがたい。

(村上雍子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

木村秀の関連キーワードカイオワ(アメリカの先住民集団)アメリカ・インディアンナッチェス(民族)ダコタ(民族)クワキウトルトゥピナンバナンビクワラアルゴンキンアサバスカン模型飛行機インディオカーニバルメスティソシャバンテカインガンボトクードタラウマラマプーチェ木村 駒子アラウカノ

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

木村秀の関連情報