コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

本堤 ほんてい

大辞林 第三版の解説

ほんてい【本堤】

(副堤に対し)主要な堤防。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の本堤の言及

【堤防】より

…これを霞(かすみ)堤といい,もともとは山梨県釜無川で武田信玄が編み出した治水工法といわれ,不連続の堤防群が折り重なって連なり,あたかも春霞のたなびくように見えたのでこの名がある。洪水の被害の激しかったところでは,幹川の堤防(本堤)よりも奥へ入ったところに副堤(控堤ともいう)をつくり,本堤が破堤しても被害を最小限におさえるための堤防とした事例もある。また河川によっては,重要な地域を守るため,その対岸の土地利用度の低い地域へ洪水を意図的にはんらんさせる目的で,ほかの部分より若干低くした越流堤がつくられている。…

※「本堤」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

本堤の関連キーワードTBSオウム・坂本弁護士ビデオ問題坂本堤弁護士一家殺害事件山谷・三野・三谷オウム真理教事件高尾(妙心高尾)輪中堤と二線堤中川智正死刑囚オウム真理教都家 かつ江半鐘八右衛門土手のお六台東(区)戸村 政博安八[町]大黒屋庄六日邦産業戸村政博見返り柳磯崎洋三信玄堤

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

本堤の関連情報