東亜キネマ(読み)とうあきねま

世界大百科事典内の東亜キネマの言及

【日本映画】より


[マキノから松竹へ]
 1921年,日活京都撮影所長の牧野省三が独立して,京都等持院にスタジオを建設,映画製作を始めた。会社は牧野教育映画製作所からマキノ映画製作所へ,さらにマキノキネマへと変わったが,24年,東亜キネマに買収合併された。東亜キネマは1923年,兵庫県甲陽の甲陽キネマ撮影所を買収して設立された会社で,甲陽と等持院で映画製作を行ったが,経営不振に陥って甲陽撮影所を閉鎖(1927),同撮影所は貸しスタジオになった。…

※「東亜キネマ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android