東京天文台コロナ観測所(読み)とうきようてんもんだいころなかんそくじょ

世界大百科事典内の東京天文台コロナ観測所の言及

【乗鞍岳】より

…これらの池畔には,亀甲砂礫や条線砂礫として知られる構造土がみられ,付近は日本屈指のハイマツの大群落地である。また,摩利支天山頂には東京天文台コロナ観測所(1949完成),その南側に同宇宙線観測所(1950完成)がある。鶴ヶ池畔の畳平(2740m)までは長野・岐阜両県からバス登山道路が通じ,畳平のバスターミナル付近には,乗鞍神社本宮遥拝所,電報電話局,郵便局,営林署,診療所,旅館,山小屋などの施設がある。…

※「東京天文台コロナ観測所」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android