東京日仏会館(読み)とうきょうにちふつかいかん

世界大百科事典内の東京日仏会館の言及

【日本研究】より

…サンソムはイギリスでは教職に就かず,1935年,のちにハーバード大学と並んでアメリカの日本研究の中心の一つとなるコロンビア大学で教えた。パリ大学,東洋語学校高等実習学院(ÉPHÉ)に日本語・日本文化の講座をもつフランスは,1923年東京日仏会館を開き,各専門分野の若いフランス人学者を日本で研修させることを始め,アグノエル,ジュオン・ド・ラングレ,R.シフェール,B.フランクらを育てた。太平洋戦争は,異質文化としての日本の分析の必要を強く感じさせ,日本研究の中心はアメリカに移動した。…

※「東京日仏会館」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

東京日仏会館の関連情報