東高梁川(読み)ひがしたかはしがわ

世界大百科事典内の東高梁川の言及

【高梁川】より

…中流部は吉備高原を刻むV字谷で,新見市南部には井倉洞があり,その下流には高梁市街がある。 下流部はかつて酒津(倉敷市)付近で分流し,東高梁川は安江と水江の間を南流して水島で水島灘に注ぎ,西高梁川は柳井原(浅口郡船穂町)を通って現河道を南流していた。激しい沖積作用のために河口付近には三角州が発達し,江戸時代には新田開発が盛んに行われたが,堤防構築とともに河床が上昇して天井川になり,たびたび洪水の被害をもたらした。…

※「東高梁川」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

エクストリーム出社

「エクストリーム出社」とは、早朝から観光、海水浴、登山などの遊びやレジャーを楽しんだ後、定刻までに出社する新しい通勤スタイルのことです。日本エクストリーム出社協会では、これを“エクストリーム(「過激な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android