板倉重宗二十一ヶ条(読み)いたくらしげむねにじゅういちかじょう

世界大百科事典内の板倉重宗二十一ヶ条の言及

【所司代】より

… 京都所司代の権限は,朝廷,公家,寺社の支配,京都市中,上方八ヵ国の公事・訴訟・検断,さらには西国支配にも及んだ。板倉父子の時代に江戸幕府の京都支配は確定するが,ことに重宗の時代に定められた板倉重宗二十一ヶ条は訴訟方・商売・質など京都施政の細部にわたって規定したものであり,のちの京都施政の基本法となった。所司代は江戸幕府の職制の上では老中に次ぐ重職であり,大坂城代,寺社奉行,奏者番などから昇進し,事を終えたときは老中に昇格した。…

※「板倉重宗二十一ヶ条」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android