板橋鎮(読み)はんきょうちん

世界大百科事典内の板橋鎮の言及

【膠州湾】より

…山東半島の山地と,山東丘陵の間にできた断層陥没地の南部が海湾となったもの。南方より華北に至る海運の基地として適当な位置にあり,湾奥の膠県(膠州)は,沖積作用のすすむ以前は海岸に近く,唐代にはその港の板橋鎮はアラビアとの交易でにぎわい,宋代には市舶司が置かれたほどであった。清末,ドイツが湾岸一帯を租借して以来,国際紛争の舞台となり,港湾としては青島(チンタオ)が大きく発展して中心となった。…

【山東半島】より

…特に半島の北側にある登州,萊州は秦・漢時代より発達した港湾都市であった。唐・宋時代になり,江南との交通に海運が利用され,また南海との貿易船も直接華北を訪れるようになると,半島がその中継基地となり,登州,萊州のほか,南側でも板橋鎮(膠州)に市舶司が置かれるなど発達した。したがって明代には倭寇の攻撃目標となり,各港は大きな被害を受けた。…

※「板橋鎮」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android