板石塔婆(読み)いたいしとうば

世界大百科事典内の板石塔婆の言及

【板碑】より

…中世の石塔の一種。板石塔婆ともいう。埼玉県大里郡江南町にある嘉禄3年(1227)のものが初見で,南北朝・室町時代に盛んに作られ,17世紀初頭に姿を消す。…

※「板石塔婆」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android