コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

栗本衆 くりのもとのしゅう

1件 の用語解説(栗本衆の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

くりのもとのしゅう【栗本衆】

後鳥羽院の頃、滑稽で座興的な連歌、いわゆる「無心連歌」を詠んだ人々の称。無心衆。 → 柿本衆かきのもとしゆう

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の栗本衆の言及

【連歌】より

…13世紀に至り,50句,100句等の長いまとまりで詠むことが多くなり,やがて百韻の形式が基本になる。その動向の中心となったのは後鳥羽院とその周辺にいた藤原定家・同家隆らの歌人であり,連歌は和歌に付随したものとして詠まれるのが当時の一般的なあり方であったこと,さらに和歌的情趣による,いわゆる〈有心(うしん)連歌〉を詠む有心衆(柿本衆)と,滑稽諧謔を中心とする,いわゆる〈無心(むしん)連歌〉を詠む無心衆(栗本衆)との両派に分かれて競作するような場合もあったことが注意される。このころから,複数の作者による共同制作が定式化し,詠作上の種々の約束事が集積され,連歌の座の運営を円滑にする努力がなされるようになり,連歌式目(式目)の発生がうながされた。…

※「栗本衆」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone