コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

核燃料取扱主任者 かくねんりょうとりあつかいしゅにんしゃ

世界大百科事典内の核燃料取扱主任者の言及

【原子炉等規制法】より

原子力基本法の精神にのっとり,核原料物質・核燃料物質(核物質)および原子炉の利用が平和目的に限られ,これらの利用が計画的に行われること,およびこれらによる災害を防止して公共の安全を図ることを目的とし,あわせて原子力の研究,開発および利用に関する条約などの国際的約束を実施するために必要な規制を行うことを目的として制定されている。この目的を達成するため,具体的には,製錬事業,加工事業,再処理事業および原子炉の設置,運転についての規制,核燃料物質および国際規制物質の使用についての規制を規定するとともに,あわせて保安監督のための核燃料取扱主任者および原子炉主任技術者に関する規定を設けている。【林 幸秀】。…

※「核燃料取扱主任者」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone