根譲渡担保(読み)ねじょうとたんぽ

大辞林 第三版の解説

ねじょうとたんぽ【根譲渡担保】

一定の継続的取引関係から生ずる複数の債権を、一定の限度まで担保する譲渡担保。根担保の一種。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の根譲渡担保の言及

【根担保】より

…この意味でいわゆる付従性(〈担保物権〉の項参照)が支配している。これに対し,銀行とその取引先,卸商と小売商との間の継続的取引関係から発生する債権の担保のように,将来発生する可能性のある不特定多数の債権を担保するものを総称して根担保といい,実際には根保証,根抵当,根質,根譲渡担保等の形でその有効性が認められている。根担保においては一般に前記の付従性は大幅に緩和されており,被担保債権は担保権実行の際に特定されればよいと解されている。…

※「根譲渡担保」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

パッシングショット

テニスで、ネット際に進んできている相手のわきを抜く打球。パス。パッシング。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android