格安スマホ(読み)かくやすすまほ

知恵蔵miniの解説

格安スマホ

スマートフォンと格安SIMカード(通信プラン)を組み合わせ、月々の支払料金を抑えているスマートフォン・プランのこと。通信データ量や機能などを制限しており、端末料金(24回払い)と通話料金プラン合わせて2000円台が中心価格帯となっている。新規モバイルサービス会社により始められ、「イオンモバイル」(イオングループ)、「楽天モバイル」(楽天株式会社)などの参入で一気に広まった。大手家電量販店も提供しており、NTTコミュニケーションズ株式会社の「OCN モバイル ONE」など既存の電気通信事業者もサービスを行うようになっている。2015年3月30日に発表されたMMD研究所による調査では(調査対象:スマートフォンまたはフィーチャーフォンを所有する男女1670人)、格安スマホの認知度は90.3%、実際の利用率は10.9%。

(2015-3-31)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

格安スマホ

一般的に、大手携帯電話会社よりもデータ通信料が安く設定されているスマートフォンを指す。格安スマホ事業者は自社通信回線を持たず、大手から回線を借りて通信サービスを提供。調査会社のMM総研によると、契約台数は昨年3月末時点で約1080万台で、前年比3割増となっている。

(2019-02-28 朝日新聞 夕刊 2社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

御一人様

「一人」を敬って、また丁寧にいう語。おひとかた。[補説]飲食店などで一人客を指していうことから、近年、「遊園地などグループ利用の多い施設を、一人で利用して楽しむ人」「精神的に自立しており、一人で行動で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

格安スマホの関連情報