コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

梅嶺関 ばいれいかん

1件 の用語解説(梅嶺関の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

梅嶺関
ばいれいかん

「シヤオメイ (小梅) 関」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の梅嶺関の言及

【贛江】より

…また上流の谷は山地に深く入りこみ,隣接地域との交通路を開いている。なかでも章水の源流,大庾嶺の梅嶺関を越える道は,広東と北方を結ぶ最も重要な陸路であった。海外との通商が広州のみで行われていたときは,交易物資の輸送はすべてこの道により,贛州より水運を利用した。…

※「梅嶺関」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。