コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

植木店派 うえきだなは

世界大百科事典内の植木店派の言及

【杵屋勘五郎】より

…1902年喜三郎から勘五郎を襲名する。兄の13代六左衛門とともに歌舞伎長唄発展のために尽力するとともに積極的に関西にも進出し,植木店派(うえきだなは)(六左衛門家)の全盛期を確立する。作曲も巧みで《島の千歳(しまのせんざい)》《多摩川》などを作曲。…

【杵屋六左衛門】より

…作曲よりも演奏方面で活躍する。89年,東京歌舞伎座開場とともに,その囃子頭となり,植木店派(うえきだなは)(六左衛門家)の全盛期を迎える。94年,勘兵衛と改める。…

※「植木店派」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

植木店派の関連キーワード杵屋 六左衛門(12代目)杵屋六左衛門(12代)杵屋六左衛門(13代)杵屋勘五郎(5世)杵屋勘五郎(5代)杵屋六左衛門

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android