コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

機械学 きかいがく

世界大百科事典内の機械学の言及

【力学】より

…むしろ,動力学という意味ではkineticsが用いられた。したがって17世紀以前の西欧文献に登場するラテン語でのmechanicaを〈力学〉と読むことはできず,それは当然〈機械学〉であるが,しかしまた,17~18世紀の英語のmechanicsに機械学の含蓄がないというのも誤りであって歴史的に見れば複雑である。 西欧におけるすべての学問の発祥をギリシアに求めるとすれば力学もまたギリシアに生まれている。…

※「機械学」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

機械学の関連キーワードフリードマン(Aleksandr Aleksandrovich Friedmann)ウェスト(Charles Dickinson West)ピカール(Auguste Piccard)スボボダ(Josef Svoboda)アレキサンダー フリードマンヘロン[アレクサンドリアの]アナトリー ブラゴヌラボフフィロン[ビザンティンの]ヘロン[アレクサンドリア]サンクトペテルブルグ大学ボリス ガリョールキンオーギュスト ピカールヴィクター カプランB. ヘルツォーグF. メクセペルJ. ハイマンC. ヒントンレアルシューレガリョールキンバークベック

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

機械学の関連情報